グレーゾーン金利とは何?

グレーゾーン金利とは金融機関からお金を借りた時の金利が、公正なものでない場合に利用される言葉です。
金融機関がお金を貸す場合は利息の法律を元に貸しますが、実は利息以外の法律でもお金を貸せるものがあります。
それが出資の法律を使った貸し出しの方法で、この出資の法律を使うと金利を高く設定することができます。
本来金融機関は利息の法律を元にお金を貸すべきですが、一部の業者は出資の法律でお金を貸していました。
そういうことを違法だといわれるようになり大量の訴訟が行われて、以前大手消費者金融が潰れる事件が起こったことがありました。
その影響で今はグレーゾーン金利を利用した貸し出しは、大手の金融機関では行われなくなっています。
ただ今でも一部の業者が行っていることがあるので、金融機関を利用するときは注意が必要です。
そしてこのグレーゾーン金利で過剰に支払った利息は、法的な手続きをすることによって取り返すことが可能です。
そのような手続きを過払い金訴訟と呼ぶことがあり、専門の弁護士に依頼をすれば対応することができます。
過払いの問題は実は大きな損失になっていることが多く、適切な対応をしないと大きな損をすることがあります。
過剰に利息を支払った問題は小さく見えますが、このような問題は長期的に見ると大きなお金になります。
例えばとある借金の返済が終わっていたのに、グレーゾーン金利の影響でお金を支払っていた場合があります。
そういうケースだとお金の返済をしなくてもよい時期まで、お金を返済していた事になりその損失は非常に大きくなります。
そのような金銭的な問題が起こりやすいのがグレーゾーン金利なので、金融機関を利用しているときは注意が必要です。
またこのような問題には時効が存在しているので、もし過払いの問題があると感じたら早めに相談をすることが大事です。
そうしないとグレーゾーン金利によって、過剰に支払ったお金を取り戻すことができなくなります。

よくグレーゾーン金利=闇金と思っている方がいるんですが、それは全く別問題です。闇金は金融機関に登録していない違法な金融機関となります。

法外な金利請求されるので、絶対に借りてはだめです。職業的に、水商売の方などが良く利用されているんですが、水商売勤務の方でもちゃんとした金融機関からお金を借りる事が可能となっています。

こちら…キャッシング水商売

闇金からは借りないようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です